株式会社アーク ロボット開発支援事業

アームロボット
Arm ROBOT

ロボット外装の新しいデザイン提案

アークのプロトタイプ製造技術で培われた様々な加飾表現事例と、
ロボット単体のみならず、導入環境からワークフローまでの
コンセプトメイキングを行った事例を ご紹介いたします。

アーム外装加飾サンプル

CONCEPT
コンセプト

産業ロボットにデザイン意匠は必要?

オートメーション機能を重視する
産業ロボットアームに意匠は不要と考えます。
但し
ほぼ能力が横並びな場合
意匠によって企業のアイデンティティを提供し
それにより機器の差別化を生じさせることが可能です。
優れた意匠は機械の機能そのものに好印象という付加価値を与えます。
弊社のデザイン対応は様々な稼働ロボットに応用できます。
意匠は好印象を与えるだけでなく汚れの防止
機器や従事者に対するプロテクトなど様々な機能を持たせることも可能です。

PROCESS
意匠作成プロセス

  • 01モデリング

    モデリング

    お客様の意図を充分に理解した上でロボット本体の詳細分析。
    バーチャルモデルで様々な解析を加え意匠の最適化を方向付ける。

  • 02レンダリング

    レンダリング

    本体分析後、デザインの訴求点を充分に考慮の上意匠を最適化する。

  • 03プロトタイプ

    プロトタイプ

    本体とデザインの整合性を確認後素材の機能も検討し、QCDを重視して意匠を製造。

DECORATIVE
VARIATION

加飾のバリエーション例

  • 加飾のバリエーション例
  • 加飾のバリエーション例
  • 加飾のバリエーション例

サービスアームコンセプト

MOVIE
動画紹介

動画紹介

PROCESS
デザインプロセス

  • 人体模倣ではない人に近いカタチ

    デザインプロセス

    構造などの基本をおさえながら意外性を追求します

  • イメージと設計要件のフィッティング

    デザインプロセス

    お客様の意図を充分に理解した上でロボット本体の詳細分析。
    慎重に大胆に内機との整合を計画します

  • 動画で商品価値の訴求

    デザインプロセス

    使われ方だけでなくワクワク感を伝えたい

  • 稼働モデルデータ

    デザインプロセス

    最終設計とモデル化

背景画像

お問い合わせはこちら

背景画像

コーポレートサイト